高校生等医療費助成

更新日:2020年03月18日

義務教育終了後の高校生などのお子さんを持つ世代への支援を充実させるため、令和2年4月から高校生の通院・入院に係る医療費の自己負担分を無料化にする「高校生等医療費助成」を新たにスタートします。

助成対象となる医療費

高校生等のお子さんにかかった保険医療費(これまでの子ども医療費助成と同様です)

対象者

滑川市内に住民登録のある高校生等※1で、保護者に扶養※2されている方

※1:高校生等について

高等学校(専攻科及び別科を除く)、中等教育学校後期課程(専攻科及び別科を除く)、特別支援学校高等部、高等専門学校(第1学年から第3学年までに限る)、専修学校高等課程のいずれかの学校に在学しているお子さんになります。

※2:「保護者に扶養されている方」について

お子さんの健康保険の加入状況が、保護者の被扶養者となっている場合です。また、国民健康保険では、お子さん自らが組合員又は世帯主とはなっていない場合をいいます。

助成方法について

現行の子ども医療費助成と同様の範囲※1で、医療機関での窓口負担が無い現物給付※2を受けることができます。

現物給付を受けなかった(医療機関の窓口で、医療費の自己負担分を支払った)場合については、子ども課窓口での償還払い※3を受けることができます。

※1:現物給付が可能な範囲

滑川市、富山市、上市町、立山町、舟橋村の医療機関、黒部市民病院、富山労災病院

※2:現物給付を受けることができる年齢上限

現物給付を受けることのできる年齢上限は、満18歳に達した最初の3月末日までとなります。

 

定時制高等学校等に在学しているため、満18歳に達する日以後の最初の3月末日を越える高校生等への助成方法は、滑川市役所子ども課窓口での償還払いでの対応となります。

 

なお、満18歳に達する日以後の最初の3月末日を超える高校生等への助成に関しては、所定の手続き等があります。

詳しくは、本ページ末尾の『年齢が満18歳に達する日以後の3月末日を超える高校生等への助成について』をご確認願います。

※3:償還払いについて

医療機関の窓口で一旦医療費を支払っていただき、診療月の翌月以降に子ども課窓口にて償還払いの助成申請をしてください。申請月の翌月に、指定口座へ保険医療費の自己負担分をお振込みします。申請時には、以下の(ア)~(エ)の4点をご持参ください。

(ア) 保険証・子ども医療費受給資格証

(イ) 印鑑(認印可、シャチハタ不可) 

(ウ) 領収書原本(医療機関発行のもので、保険医療点数・受診者氏名・領収印ありのもの)

(エ) 通帳(ゆうちょ銀行の場合は振込用の口座番号7桁が必要)

 

申請等に関する手続きのご案内について

中学3年生のお子さんについて

中学3年生のお子さんを持つ保護者の皆様に対して、毎年3月中下旬頃に、新たな受給資格証と一緒に、お子さんの進学状況等を確認するための書類を送付しますので、子ども課あてに提出願います。

※有効期間の終期を、「満18歳に達した最初の3月末日まで」に表示したもの

 

【参考】令和元年度現在の高校1年生~高校2年生のお子さんについて

令和2年4月から新たな助成対象となる高校生等(令和元年度現在、高校1年生~高校2年生)のお子さんを持つ保護者の皆様に対して、令和2年2月18日付けで申請書等の案内文書を送付しました。

お子さんが助成対象者に該当しているが申請書等が未提出の方におかれては、子ども課までご提出をお願いします。

※申請書等を受理後に、受給資格証を随時送付します。(医療機関での窓口負担が無い現物給付を受けるためには、医療機関の窓口で受給資格証を提示する必要があります)

高校等へ就学前のお子さんに係る受給資格証について

高校等へ就学前のお子さん(年齢が満15歳に達した最初の3月末日までに達していない方)については、交付済みの受給資格証を中学校卒業時まで引き続き使用してください。

新たな受給資格証については、中学校卒業前(3月中下旬頃)にお子さんの進学状況等を確認するための書類と一緒に送付します。

※有効期間の終期を、「満18歳に達した最初の3月末日まで」に表示したもの

 

令和2年2月20日以降に、住所変更等の理由により受給資格証を再発行することになった場合は、システムの関係上、有効期間の終期を「満18歳に達した最初の3月末日」までに表示した受給資格証を交付しています。

年齢が満18歳に達する日以後の3月末日を超える高校生等への助成について

年齢が満18歳に達する日以後の3月末日を超える高校生等への助成に際しては、子ども課窓口での償還払いになります。

助成を受ける前に、所定の承認依頼書を提出していただき、市から承認書の交付を受ける必要があります。なお、特段の事情がなく、お子さんが以下の2点のいずれかに該当する場合は原則として上述の承認書は交付しませんのでご注意をお願いします。

 

  1. 高等学校等(修業年限が3年未満のものを除く)を過去に卒業し又は修了したことがある場合。
  2. 高等学校等に在学した期間が通算して36ヶ月を超える場合。なお、高等学校等のうち定時制の課程又は通信制の課程のみに在学していた場合については、その在学した期間が通算して48ヶ月を超える場合。
この記事に関するお問い合わせ先

子ども課

〒936-8601 
富山県滑川市寺家町104番地
電話番号:076-475-2111(内線:321(児童福祉係)、325(家庭福祉係))
ファクス:076-475-1245

メールでのお問い合わせはこちら