滑川市の行政改革

更新日:2019年04月16日

第6次滑川市行政改革大綱及び実施計画の策定

第6次行政改革大綱は、第5次行政改革大綱を継承しつつ、将来を見据えたうえで必要となる新たな視点、1 市民と行政との協働のまちづくり、2 効率的なサービス提供の仕組みづくり、3 健全で効率的な行財政経営、を加え、より改革を推進するための指針として策定されました。

行政改革懇談会

各種団体の代表や学識経験者など、市民の代表となる委員の方から、市の行政改革に関するご意見をお聞きする「行政改革懇談会」を定期的に開催し、市の行政改革への取り組みに反映することとしています。

これまでの行政改革の取組み

実施計画の進行状況

毎年度、市の各部署が、滑川市行政改革大綱実施計画に基づき行っている行政改革の取り組みについて、取りまとめのうえ公表しています。

職員提案制度

市では、職員の意識改革を推進し、創意工夫を日頃の業務の改善・改革につなげるため、職員提案制度を設けています。

職員及び各課提案制度

市政の各種施策や事務事業、事務改善などについて提案制度を設けており、各課の代表職員による「政策提案検討部会」、副市長を委員長とした市の幹部による「行政事務改善委員会」を経て採択となった提案等について公表しています。

若手職員による【テーマ別】政策提案制度

若手職員ならではの自由で柔軟な発想や、市外在住職員が考える“これからの滑川市”の将来像、方向性などを各種施策に反映させるため、テーマを絞った政策提案制度を設けています。

【実施結果】

行政評価の実施状況

地方行政サービス改革に関する取組状況等の調査結果公表

滑川市の行政改革全般について、皆さまのご意見・ご提言を募集しております。お寄せいただいたご意見・ご提言につきましては、個々に回答することはいたしませんが、今後の行政改革を進める上での参考にさせていただきたいと存じます。

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課

〒936-8601
富山県滑川市寺家町104番地
電話番号:076-475-2111 (内線:223)
ファクス:076-475-6299

メールでのお問い合わせはこちら