「手話・ヘルプバンダナ」について

更新日:2019年06月21日

   市では、障がいの有無に関わらず、全ての市民が互いに人格と個性を尊重し合いながら共生することのできるまちづくりを目指しています。

   この度、手話で会話をされる方や援助を必要としている方が、円滑に支援や配慮が得られるよう、「手話・ヘルプバンダナ」を作製しました。バンダナを三角形に折り畳み、以下(写真例)のように使用します。市ろうあ福祉協会会員や市手話サークルめばえの会会員、市内の手話通訳者等に配布し、手話のイベントや緊急災害時の避難等で活用します。

   手話への理解と緊急時の支援等に、ご協力賜りますようお願いいたします。

手話・ヘルプバンダナ

【手話bandana面】 手話で意思疎通を行うことを目的として着用します。

   緊急時や災害時でも目立つように黄色をベースとし、全日本ろうあ連盟の手話マークや市民に愛されているマスコットキャラクターを取入れました。中央には、皆の心が一つになるようハートマークをデザインし、共生社会への希望を表しています。

【ヘルプbandana面】 支援や配慮を求める目的で着用します。

   人混みや遠くからでも分かるように赤色をベースとし、手をつなぐマスコットキャラクターで支え合う地域を表しています。個に応じた支援や配慮を求める際には、白ハート内に具体的な支援内容や連絡方法などを記入して使用することができます。

使用例1
使用例2
使用例3
この記事に関するお問い合わせ先

福祉介護課

〒936-8601
富山県滑川市寺家町104番地
電話番号:076-475-2111 ファクス:076-476-5505

メールでのお問い合わせはこちら