令和元年10月から、障がい児の児童発達支援等の利用者負担が無償化されます

更新日:2019年09月03日

   子育て世帯の幼児教育・保育にかかる経済的負担を軽減するため、10月から幼児教育・保育の無償化が始まりますが、障がい児の児童発達支援等の利用者負担についても、併せて無償化されます。

   ※ 新たな手続きは不要です。

無償となるサービス

   児童発達支援

   医療型児童発達支援

   居宅訪問型児童発達支援

   保育所等訪問支援

   福祉型障害児入所施設

   医療型障害児入所施設

無償となる期間

   満3歳になって初めての4月1日から3年間

   ※ 利用者負担以外の費用(医療費や食費などの実費負担分)は対象外

   ※ 幼稚園、保育所、認定こども園などと対象のサービスの両方を利用する場合は、

       両方とも無償化の対象

この記事に関するお問い合わせ先
福祉介護課

〒936-8601
富山県滑川市寺家町104番地
電話番号:076-475-2111 ファクス:076-476-5505

メールでのお問い合わせはこちら