おためし地域おこし協力隊を募集します

更新日:2022年08月23日

 滑川市では、地域おこし協力隊の募集に向け、おためし地域おこし協力隊として体験するプログラムを開催します。

おためし地域おこし協力隊募集チラシ(PDFファイル:1.3MB)

 

<プログラム概要>

1日目

2~4日目

5日目

・オリエンテーション

・制度説明

・市内巡回

・懇談会

・受入団体、地域との交流

・参加者からの協力隊活動提案の検討

・参加者からの協力隊活動提案の発表

・講評

※申込者が希望する活動テーマに応じて、プログラムを編成します。

 

<開催日時>

      令和4年9月~11月のうち4泊5日

 

<参加費>

      宿泊費用…市で負担(市が指定する宿泊施設を利用)

      現地までの交通費、滞在中の食事代等…参加者負担

 

<募集定員>

      計2名

 

<応募対象>

   ・三大都市圏をはじめとする都市地域等に在住している方

     (※住居要件についての詳細はお問い合わせください。)

   ・普通自動車運転免許を持っている方

   ・パソコン(ワード、エクセル)の一般的な操作ができる方

   ・地域住民や関係団体と協力しながら活動に取り組む意欲のある方

   ・地方公務員法第16条の欠格条項に該当していない方

 

<選考方法>

   ・書類(申込フォームまたは申込用紙)

   ・面接

 

<申込方法>

 以下のいずれかの方法により申し込みをしてください。

1.申込フォーム

おためし地域おこし協力隊申込フォーム

 

2.申込用紙をメールまたは郵送

おためし地域おこし協力隊申込用紙(Wordファイル:29.5KB)

(提出先)

〒936-8601 富山県滑川市寺家町104

滑川市企画政策課 地域おこし協力隊担当宛

E-mail:kikaku@city.namerikawa.lg.jp

 

<地域おこし協力隊の募集を予定している活動テーマ>

テーマ1. 関係人口創出、移住・定住の促進(サポート:企画政策課、観光課)

活動内容

・滑川市の新たな魅力となり、PRに繋がるイベント・企画の立案・実行

・関係人口の増加に繋がり、新たな滑川ブランド品となる魅力的なふるさと納税返礼品の開発

・地域の魅力ある人材の発掘

・移住者の増加に向けた都市圏へのPR活動

・海洋深層水や海洋深層水塩の活用

・SNS等を活用した滑川市の情報発信

求める人材

・人とのコミュニケーションをとることが得意な方

・SNS等での情報発信が得意な方

・滑川市の魅力を全国へ発信してくれる方

 

テーマ2. 空き家リノベーション事業(サポート:空家等居住対策課)

活動内容

以下の内容を想定しているが、若干変わる可能性あり

<想定例1>

・リフォームにより居住用としての利用が可能な空き家の情報収集

・当該空き家の所有者と連絡を取り、リフォームプラン(ラフプラン)の作成を希望されるか確認

・所有者にリフォームプラン(ラフプラン)等を提示

・所有者によるリフォーム完了後、空き家バンクへの登録を依頼

 

<想定例2>

・居住用以外の利活用方法及びリフォームプランを市に提案

・当該空き家の運営候補者等の発掘

 

※ 上記のほか、その他の空き家対策に資する活動も想定

(例)・SNS等を利用した情報発信

・空き家マッチング相談

・広報へのコラム記事の継続的な掲載

・空き家予防・利活用ガイドブック制作

求める人材

・一級建築士または、二級建築士の資格を有する方

(CAD操作や3D図面の作成等ができる方)

※ SNS等での情報発信、デザイン性が求められる仕事、人とのコミュニケーションが得意な方であれば、なお、望ましい。

この記事に関するお問い合わせ先

企画政策課

〒936-8601
富山県滑川市寺家町104番地
電話番号:076-475-2111 (内線:223)
ファクス:076-475-6299

メールでのお問い合わせはこちら