トピックス

ツキノワグマ出没警報発令中

[更新日:2017年4月20日]

 富山県が4月20日にツキノワグマ出没警報(第1報)を発令しました。

 これからのシーズンは山菜取りやレジャーなどでクマが生息する山奥へ出かける機会が増えてきます。冬眠から目覚めたクマが食物を求めて活発に行動するようになり、人とクマが遭遇する機会が増えることが考えられます。
 そのため、山裾の集落周辺の他、平野部においても、クマの出没に十分な警戒が必要です。
 山間部に入る際には、奥山はクマの生息地であることを十分認識し、クマの被害にあわないように、十分な対策をするようにお願いします。被害防止のため、次のことに注意してください。

人里では、
◇柿、リンゴ、ギンナンなどのクマが好む食べ物を適切に収穫する。
(庭や畑に柿の木はありませんか?収穫の見込みのない柿の実などは、放置しておくとクマを呼び寄せることがあります。早めに収穫しましょう。)
◇野菜などの収穫後は、未収穫のものを畑に残さない。
(畑の未収穫野菜のすき込みや家庭での生ゴミの管理徹底など、クマのエサとなるようなものを自宅や畑の周りに置かない。)
◇集落に接近したクマの家屋侵入を予防するため、住宅・車庫・倉庫等の戸締まりを徹底しましょう。
◇朝夕の外出時は、たとえ人家近くでも鈴、ラジオなど音がでるものを携帯し、クマに自分の存在を知らせる。
(農作業は、なるべく複数で行い、朝夕の時間帯は避け、頭部を守るため、自宅付近であってもヘルメットを着用しましょう。車から降りるとき、クマに気づかせるために、車のクラクションを鳴らすなどの対応も必要です。)

山では、
◇入山地域のクマの出没状況を確認し、危険な場所には近づかない。
(クマは移動します。隣の地域であっても十分注意を!)
◇朝夕は山中に入らない。日中も自分の存在を知らせるために、鈴やラジオで音を出すようにしてください。
(日没時間が早くなっています。特に山間部は気をつけてください。)
◇子グマを見たらそっと立ち去る。
(近くには必ず母グマがいます。子グマがかわいいからと近づいたりすると、母グマは子グマを守ろうとして人を攻撃してくることがあります。)
◇キノコ採りはほどほどに。
(足跡や糞などを見つけたら引き返しましょう。)

◆市内でクマを目撃した場合やクマの痕跡を見つけた場合は、直ちに市役所農林課(TEL475-2111 内353)又は
滑川警察署(TEL475-0110)に連絡してください。
◆クマのこれまでの出没位置情報「クマっぷ」等について、富山県ホームページで紹介しています。




お問い合わせ

農林課
所在地 : 〒936-8601 滑川市寺家町104 TEL : 076-475-2111 FAX : 076-476-0249
E-MAIL : nourin@city.namerikawa.lg.jp